LASIKの原理
LASIKを受けたい方へ
LASIK Q&A
体験記
LASIKとは・・・?

LASIKとは、角膜のフラップを作成してエキシマレーザーで角膜を削ることで、
視力を回復する医療技術です。
角膜上皮とその下にあるボーマン膜を
残すため、術後の痛みが軽減され視力の回復も早く、
理想的な方法として現在もっとも注目されています。

LASIK(レーシック)は1990年にギリシアで考案された近視手術方法です。
エキシマレーザーという最先端技術を使って視力(屈折)矯正を行います。
手術中、手術後と痛みがほとんどなくエキシマレーザーによって角膜の形状を整えます。
今、アメリカでは、眼鏡、コンタクトレンズと共に第3の近視、乱視の解決手段として
注目されています。



近視や乱視にレーザー手術があると聞いたのですが、安全なのでしょうか?

現在、近視、乱視を矯正する場合に、コンタクトレンズかメガネを使用するほかに、
レーザーで矯正(レーシック手術)しようという第三の選択肢が加わりました。
ご質問は、安全面へのご心配ですがこれには2つあると思います。
一つにはレーザーによる手術そのものの安全に対して、
もう一つには日本では一般的でないということへの不安でしょう。
最初の不安についてですが、レーシック手術においては、
近年、エキシマレーザー装置の改良により、治療効果はもちろん、
何よりその安全性が飛躍的に向上しました。
レーシック手術においてもっとも危険な合併症は、
レーザー照射のズレによるものでしたが、
最新の機器ではこれが防止できるようになったのです。
不正乱視も治療可能となり、以前に近視矯正手術を受け発生した不正乱視による
合併症までも治療も可能となりました。
次にレーシックの手術が日本では一般的でないという点についてですが、
現在ではアメリカ、ヨーロッパの国々においては、
年間に160万人以上がこの手術を受けているほど一般的になっているのです。
またレーシック手術の特徴としてまず挙げられるのは、

1. 入院の必要がないこと。
2. 手術に要する時間が片目で15分程度と短時間であること。
3. 術後の視力の回復が早く、翌朝には1.0以上の視力をとり戻すことができることです。



このレーシック手術の最も進んだものが
2000年に開発された「ウェブフロント・レーシック」という術式で
これまで不可能だった強度の近視、乱視も矯正することが可能となりました。
従来のレーシックに比べより質の高い視力が得られるようになったのです。




LASIKの特性として

コンピューター制御システムとの組み合わせで
1万分の1ミリ単位でのが可能です。
193nmの紫外線領域のレーザーで高い光エネルギーにより
分子間結合を解離します。



エキシマレーザとは

エキシマレーザー装置は、熱を発散させずに 角膜の組織を除去し形状を変えることができます。 この装置はすでに眼科医療では角膜に障害がある患者さん (角膜移植後の近視、乱視矯正、角膜混濁)の治療に使用されるなど、 安全性が確立されています



エキシマレーザの歴史

1970年にアメリカその発振が確認され、
1980年ごろには産業用レーザーとして使われていた。
それが眼科手術に応用されるようになる。
1995年にアメリカFDA(米食品医薬品局)から正式に認可され、
翌96年には約3万5千人が手術を受け5年後の2000年には、
150万件以上の手術が実施されるまでに。